目・鼻、つらい花粉症をズバッと解決

「私だけは大丈夫」なんて自信は通用しない、誰しもなりえる花粉症の対策には病院の医薬品がおすすめです。現在ではインターネットでも注文できるので、誰でも簡単に治療・予防が可能です。ぜひ利用してみてください。

花粉症による皮膚炎と肌ケアについて

花粉症は目や鼻だけでなく皮膚にも症状が出ることがあります。春頃になるとまぶたの上がカサカサしたり、化粧のノリが悪いと感じる方はスギ花粉皮膚炎の可能性があります。スギ花粉の影響でアトピー性皮膚炎が悪化する場合もあり、目や鼻などに花粉症の症状が出ない人でも花粉による皮膚炎を発症することがあります。花粉症といえば、目のかゆみ、涙目、充血といった眼の症状やくしゃみ、鼻水、鼻づまりといった鼻の症状が一般的ですが、喘息などの気管支に影響が出る場合や顔や首などにかゆみや湿疹が出る人が増加しています。空気中のスギ花粉が露出している肌に付着して、アレルギーを引き起こします。アトピー性皮膚炎を患っている人はスギ花粉が増悪因子として働くことがあります。肌の露出部以外にも全身に症状が悪化するケースもあります。治療方法としては抗アレルギー剤の服用、保湿剤やステロイド剤の外用を行います。さらに、皮膚になるべく花粉が付かないように対策を取ることが大切です。外出をするときは肌の露出を少なくして、着る服はウール素材などの花粉が付着しやすいものではなく花粉をはらい落としやすいものを選びましょう。屋外に洗濯物を干すと洗濯物にも花粉が付いてしまいますので、そういった花粉もしっかりとはらい落としてから着用することで花粉が肌に触れてしまうのを防げます。症状が出た後よりも前もってケアを始めることで肌の症状が緩和されやすくなるので、早めに専門家に相談したり、適切なケアをしたりすることが大事です。女性の場合はメイクが肌への刺激になってしまうことがあります。花粉の季節には化粧品を低刺激のものに変えたり、最低限のメイクにとどめたりすることで刺激を弱めることができます。